レーシック手術
 TOP > 合併症について
■ はじめに
 ≫ サイトポリシー
 ≫ レーシックとは
 ≫ メリット、デメリット
  合併症について
■ レーシック体験談
 ≫ 決断
 ≫ 病院選び
 ≫ 適応検査申し込み
 ≫ 適応検査当日
 ≫ 手術前検査
 ≫ 手術
 ≫ 手術後
 ≫ 翌日検診
 ≫ 3日〜6日目
 ≫ 9日〜30日目
 ≫ 1ヶ月〜3ヶ月目
 ≫ 3ヶ月〜12ヶ月目
■ お役立ち情報
 ≫ 手術給付金
 ≫ 医療控除(確定申告)
 ≫ 運転免許書き換え
 ≫ リンク集
合併症について
レーシックの術後に以下の現象が出る場合があります。術後が肝心なのでお医者さんから言われたことをきちんと守りましょう。

ドライアイ
眼球表面を覆う涙の量の不足などによって目が乾き、眼精疲労、かすみ目、白目の充血、不快感、まばたきの増加などとしてあらわれます。レーシックでは術後にドライア症状が出る場合があります。

近視戻り
術後6ヶ月以上経過して、近視に戻ってしまうことがあります。手術前の近視の程度が強いほど可能性が高く、近視の戻りがひどい場合は再手術を行うことがある。

感染症
菌に感染し眼球が白く濁る現象。

ハロー
夜間、街頭の明かりや蛍光灯などを見たときに周りにぼんやりと光の輪が見える症状。術後、数ヶ月で無くなるもしくは気にならなくなる場合が多い。

グレア
強い光を見た際に必要以上にまぶしく見える症状

Copyright(c)  lasik.tabiji.org All rights reserved.