レーシック手術
 TOP > 適応検査当日
■ はじめに
 ≫ サイトポリシー
 ≫ レーシックとは
 ≫ メリット、デメリット
 ≫ 合併症について
■ レーシック体験談
 ≫ 決断
 ≫ 病院選び
 ≫ 適応検査申し込み
  適応検査当日
 ≫ 手術前検査
 ≫ 手術
 ≫ 手術後
 ≫ 翌日検診
 ≫ 3日〜6日目
 ≫ 9日〜30日目
 ≫ 1ヶ月〜3ヶ月目
 ≫ 3ヶ月〜12ヶ月目
■ お役立ち情報
 ≫ 手術給付金
 ≫ 医療控除(確定申告)
 ≫ 運転免許書き換え
 ≫ リンク集
適応検査当日

先日、恵比寿プライムスクエア7Fにある神戸クリニックに適応検査に行ってきました。第一印象は広々としていれ綺麗。看護師や検査担当の方などが元気で明るくとても感じが良いですにこっ早速検査結果から音符

レーシック(LASIK)適応の判断で手術可能となりました。

検査は以下のような事を行いました。
受付
まずは受付で予約した”えび”ですと名前を言って受け付けです。身分証明書(私は運転免許書)で本人確認をしたのちデジカメで写真を撮られました。これはカルテに貼るそうです。患者を間違えない為にも良いことですね。荷物を預けて問診票を記入して呼ばれるまで待ちます。

検査
順番は覚えていませんが以下の検査を行います。
1. 角膜形状の撮影
2. 角膜内皮細胞数の測定
3. 屈折度数の測定(近視や乱視、遠視の度数を器械で測定)
4. 眼圧の測定(目の固さを器械で測定)
5. 視力検査(遠方・近方)
6. 利き目の検査
7. 麻酔薬、散瞳剤を点眼します。
  麻酔は角膜厚測定、散瞳剤は眼底検査の為に使用
8. 角膜厚の測定(角膜の厚さを超音波で測定)
角膜厚測定は器具を直接目に当てますが麻酔が効いているので痛くありません。

散瞳剤の影響で目がぼよよ〜〜んとしてきましたがーん

カウンセリング
次にカウンセリングを受けます。目がさらにぼよよ〜〜ん・・・・。担当してくれた女性看護師さんから検査結果などを詳しく聞きます。この方も昨年、レーシックをやったとの事で体験者なので何でも質問してくださいとのこと。心強いですにぱっ。検査の結果は以下の通りでレーシック手術は大丈夫とのこと。
視力    0.05(左右同じ)
屈折度数 近視-6.5D 乱視 -0.5D (左右同じ)
眼圧    14mmHg
角膜形状 異常なし
角膜内皮細胞数 2800個/mm2
利き目   左
角膜厚   510ミクロン

次に手術などの説明がありました。
1. 眼の構造
2. 近視や乱視、遠視が治る原理
3. 手術の手順
4. 手術での合併症
5. 手術の注意事項

そして手術日や検査の予約をします。手術は12/8に決定。担当する医師の方を聞いてみたら「先生のご希望とかありますか?」と聞かれた。先生も指名できるみたいです。私は指名しませんでしたが当日の担当医を調べてもらったら(看護師さんのポケットには予定表が入っていてすぐにわかります神戸クリック広尾の院長先生でした。「私も去年、院長先生に手術してもらいました〜」という話を看護師さんから聞いてカウンセリングは終了。

調節力を取り除いた状態の屈折度数検査
散瞳剤で調節力を取り除いた状態で再度、屈折度数検査を行います

診察
最後に医師の診察です。眼底検査や手術の詳細、注意事項などの説明と再度、検査結果とレーシック適応可否のお話があり、私の場合は中度の近視で角膜厚も問題ないので合併症の”近視の戻り”が出た場合でも再手術が可能とのことでした。

Copyright(c)  lasik.tabiji.org All rights reserved